FC2ブログ
2018/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
プロフィール

如月東子

Author:如月東子
C’est l’enfance de l’art.へようこそ。
(セ・ランファンス・ドゥ・ラール)

昔から絵を見るのが好きで、美術系の大学に行き「美術史」などを少し勉強しました。

その後、美術とは関係ないお仕事についたけど、美術について、普通の人よりはちょっぴりだけ多く考えてきました(多分)。

そんな私が、これまで美術鑑賞をするなかで気づいたこと・感じたこと・考えてきたことの中には、美術をもっと楽しみたいと思ってる人に、なにかヒントになることがあるかもしれません。

美術鑑賞の記録を中心に、美術館などの紹介や鑑賞の役に立つ情報などを載せていければ、と思います。

皆さんのお役に立てれば幸いです☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
お調子者フジタは戦争になにを見たのか?

映画「FOUJITA」の感想です。


小栗 康平監督
2015年
日本・フランス合作
126分



オススメ度  ★★★☆☆
みやすさ   ★☆☆☆☆
アートっぽさ ★★★★★
完成度    ★★★★☆




***


もっと素直な伝記映画を予想していったら、
かなり「芸術映画」テイストが強かったです。


FOUJITA、すなわち藤田嗣治は、1886年生まれの画家。
新時代の芸術が次々と生まれた
1920年代のパリで名を成し、一躍時代の寵児となりましたが、
第2次世界大戦中は日本に戻り、数々の「戦争画」を描きました。
戦後、それらの作品が翼賛的であったとの批判を受けて、
日本を離れ、フランスに帰化。
二度と日本には戻らず、フランスで没しました。


***


前半は、既にパリで成功をおさめ、
刹那的で享楽的な生活を送る藤田の生活を、
後半は一変、
第二次世界大戦中の日本に戻って「戦争画家」となり、
疎開先で敗戦を迎えるまでの時期を描いています。


説明的場面はほとんど排され、
藤田の生涯を全く知らない人には話が飲み込みづらいと思います。


映像はかなり凝っていて綺麗です。
日仏合作の映画ですが、
ヨーロッパ映画を思わせる美しい映像が観られます。


***


前半は特に、フレンチ・テイストです。

パリの芸術コミュニティの中で、
「FOUFOU(フーフー、お調子者)」とあだ名された藤田が、
女を踏み台にしながら成功し、
巧みなセルフ・プロデュースによって、
常に耳目を集めようとするしたたかな姿がうまく描かれています。

ただ、実際にヨーロッパ人が作る作品より、
テンポが緩慢で重苦しい印象です。
乱痴気感がなく、「冗談」も狙った感じで、
すべてがかっちり真面目過ぎる感じ。



後半の舞台は、パリから一転して、戦中の日本。
パリの瀟洒で豊かな生活から一変、
「前近代」としかいいようのない日本の田舎の風景。

視覚的な落差は大きいです。


このギャップによって、観ているほうはこう思います。

ヨーロッパの生活に馴染み、
ヨーロッパ人と渡り合ってきたフジタという我の強い男が、
戦時下の日本の社会に適応できるものだろうか…?


しかし、藤田嗣治という人は、そういうことができる
「FOUFOU」な特性を持ち合わせた人物。

彼が描く対象は、スタティックな白磁の女性ヌードから
悲劇的物語を語る群像表現へと変貌。


軍服をまとって『アッツ島の玉砕』展示の横にたち、
絵を文字通り「拝み」にくる人々を観察する藤田。

自分の絵画を売り込むに長け、
自分の能力に強い自負を持った藤田は、
戦争遂行という大きな物語を得て、
絵画史に残る「歴史画」制作の絶好機会と捉えたでのでしょう。


「絵画はたとえ物語が消え去っても永遠に残ります。」


ヨーロッパ事情にくわしかったであろう藤田が、
日本の戦況をどう読んでいたかはわかりませんが、
敗戦になっても、戦争の記憶が完全に過去になっても、
自分の絵は残る、と確信していた。

この映画では、フジタはそのような人物です。


後半は、前半に比べても淡々とした場面が続きます。
戦争中とはいえ、疎開先の生活のためか、
藤田の生活はほとんど穏やかといってもいいくらい。


一方で、夢か現かわからない場面も多くなります。
藤田自身が、疎開先の風景や伝説から創り出された、
土俗的な幻想に迷い込んでいたかのようです。


この現実と幻想がまじる構成によって、
「戦争」は、フジタにとって、
まるで「狐にばかされたこと」のように描かれます。

この戦争表現はかなり変わっていて面白いと思います。



エピローグは、
藤田が最晩年に手がけた、
ランスのチャペルの壁画が画面に映し出されます。

この辺りは、タルコフスキーの『アンドレイ・ルブリョフ』
を思い出す方も多いかと思います。


パリでの栄光と、
「歴史画」に対する期待と戦後の失望を経て、
故郷を捨てた藤田が、最晩年に何を思ってこの絵を描いたのか。

戦後の彼が罪の意識に苛まれた、とは思い難いのですが…。


***


すんなり観られる映画ではありませんが、
折にふれて思い出されるような、不思議な映画です。

藤田の展覧会や本を読んだりする機会に、
あわせてご覧頂くといいのではないでしょうか。







スポンサーサイト


 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。