FC2ブログ
2018/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
プロフィール

如月東子

Author:如月東子
C’est l’enfance de l’art.へようこそ。
(セ・ランファンス・ドゥ・ラール)

昔から絵を見るのが好きで、美術系の大学に行き「美術史」などを少し勉強しました。

その後、美術とは関係ないお仕事についたけど、美術について、普通の人よりはちょっぴりだけ多く考えてきました(多分)。

そんな私が、これまで美術鑑賞をするなかで気づいたこと・感じたこと・考えてきたことの中には、美術をもっと楽しみたいと思ってる人に、なにかヒントになることがあるかもしれません。

美術鑑賞の記録を中心に、美術館などの紹介や鑑賞の役に立つ情報などを載せていければ、と思います。

皆さんのお役に立てれば幸いです☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
ココこんなとこ!〜根津美術館(東京・青山)〜

こんにちは如月東子です。

今日は、根津美術館の紹介と感想です。


***


しばらく改装期間があって、行く機会を逸していたのですが、
ようやく訪問することができた根津美術館です。

表参道駅A5出口をでて、
みゆき通りというところをまっすぐ行くのですが、
プラダ、カルティエといったハイブランドの
モダンなビルが建ち並ぶかなりハイセンスな場所。

私が駅に到着したのはまだ朝の10時すぎだったので、
お店等は開いておらず、人通りもまばらでしたが、
帰り際には、各ブティックもオープンし、
雑誌に出てきそうなおしゃれな人々が
たくさん歩いていました。


まっすぐ歩いて行くと、
竹薮でしきられた一角があらわれます。


根津美看板


隈研吾が設計したという建物。
近代的な中に和的なものを感じさせます。


入口


平日ということもあってか、
まったく混んではいませんでした。

開放感のある建物で、
入口を入ると、一面ガラス張りの向こうに、
緑の広いお庭が目に入ります。

お茶室もある自慢の日本庭園でしょう。
そちらはあとでまわることにして、
まずは展示を見にいきます。


***


展示スペースは2階まであり、
1階に3室、2階に3室。
各室でコレクションからの企画展示が行われています。


〈〈 第1室 〉〉

第1室は、〈誰が袖図ー描かれたきものー〉という
絵画の企画展示でした。


誰が袖図


「誰が袖図」というのは、
衣桁や屏風などにさまざまな衣装がかけられている様子
を描いた絵画のことだそうです。

掛けられた衣装の模様を楽しみ、
誰のものなのか、
どのような香が薫きしめられているのか、
それを着ているのはどういう人なのか…
そういうことを空想して楽しむ絵画だとか。

今回、「誰が袖図」として展示されていたのは、
3点の金屏風です。

すべて17世紀作で、それぞれのはっきりした制作年はわかりませんが、
江戸初期と思われるものから、順に時代を下って、
3点目は少し様式化しているようです。

1点目《誰が袖美人図屏風》の空間表現がかなり面白く、
俯瞰的視点からの極端な遠近法あり、
室内図であるはずなのに唐突な山野表現ありで、
絵巻物のある一場面を抜いてきたようにも見えます。

金箔地に銀の細長い箔を散らしていたのでしょうか。
銀箔は、今は黒っぽくなっていますが、
もとはもっと冴えた色調で、
かなりキラキラしていたのではないでしょうか。

この屏風には、
衣装だけでなく遊女と禿が描かれているため、
遊里との結びつきが感じられる、とありますので、
俗な風景でもあるのでしょうが、
平安時代のような典雅な雰囲気も感じられます。

誰が注文してどのような場所に置かれていたのか、
ということはわかっていないらしいのですが、
面白い絵だと思います。

その他にも、江戸時代の洛中洛外図屏風や
広重の肉筆などを合わせて展示されています。


〈〈 第2室 〉〉

第2室は、婚礼衣装が飾られています。
昭和初期に旧竹田宮家に嫁いだ方が実際に着用した
いわゆる十二単をみることができます。

下着(?)の部分から、順に展示してあるので、
十二単の仕組みがわかって勉強になりました。


〈〈 第3室 〉〉

第3室は飛鳥・平安の木造の仏像3体が置かれた狭いスペース。

こちらに置かれた以外にも、
北魏時代をはじめとする中国の石仏が入口ホールに
センスよく展示されています。


〈〈 第4室 〉〉

第4室は、中国の青銅器が飾られています。
制作年代は、
紀元前13世紀-紀元前11世紀というのがざらなのですが、
そのような時代にこんなに高い鋳造技術があったとは
本当に驚きです。

不可思議な凹凸をもった突起、
気の遠くなるような細かい文様まで、
一様にムラなく鋳造されています。

しかし、よくよくみると、
鋳型の塑造の粘土(?)の感じが伝わってくるような感覚もあり、
これが人間的な手仕事であることがわかります。


ところで、
饕餮文(とうてつもん)を見ると、
なぜかケルトの組紐文様や
ニュージーランドの先住民族マオリの芸術が思い起こされます。

いつも不思議に思いますが、
どのような共通性がそうさせるのでしょうか…。


青銅器の中でも、《双羊尊》は必見です。

根津美術館の入館チケットのデザインにもなっており、
美術館のイチオシの一つのようですが、
いつまで見ていても見飽きない精巧さと安定感、
そしてどことなくとぼけたおかしみを兼ね備えています。


根津チケット


次回の特別展は、
〈動物礼賛ー大英博物館から双羊尊がやってきた!〉だそうです。
次の展覧会では、
世界に2つしか見つかっていない
この2頭(4頭?)の羊たちが主人公になるようですね。


〈〈 第5室 〉〉

つづく第5室は、
根津美術館の誇る茶器のコレクションからの「名碗20撰」。

室町時代以降の茶人が「最高」と賞した
井戸茶碗(朝鮮の茶碗)の名品が多数出品されています。

この室の英語のキャプションには、
日本語解説にはないわかりやすい説明がありましたので、
合わせて読まれると勉強になると思います。


〈〈 第6室 〉〉

最後の第6室は、〈霜月の茶〉として、
陰暦11月(現在の12月)に催される茶会に
ふさわしい茶道具一式がセレクトされています。
茶席のレイアウトなどもされています。


2階特別ケースには18世紀頃のイギリスの宝飾時計なども
展示されていました。


***


一通り展示を見た後、お庭を拝見しました。

青山のど真ん中に
信じられないくらい広い空間が残されています。

雑木林的趣が残り、
池に注ぐ水音や木々のざわめきが心地よい。


庭1


ところどころに石像や石灯籠などがおかれていますが
作為的になりすぎていないのがよいと思います。


庭2


茶室が3つくらいあるようで、
時々茶会も催されているようですが、
贅沢な体験になるでしょうね!


本館から庭へ出てすぐにカフェがあり、
軽食も食べられるようでしたが、
やはり人気があるようでした。


〈〈 根津美術館の感想 〉〉


全体に鑑賞がしやすいと感じました。
各展示物ごとのスペースが適当で
各部屋ごとの展示数も多すぎません。

島状になった展示ケースの高さが低めで、
私のような身長(150cmプラスα)でも見やすいです。

作り付けの展示ケースの手前に
「手すり」のようなものがあるのも好ましいです。
(東洋陶磁美術館にもありますね。)



都会の真ん中で、芸術と自然とを堪能できる
素敵な空間です。

お時間があれば、ぜひ足をお運びください。


根津美術館
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線〈表参道〉下車
A5出口より徒歩10分
毎週月曜日休館
10:00~17:00(入館16:30まで)

http://www.nezu-muse.or.jp/

コレクション展〈誰が袖図ー描かれたきものー〉
会期:2014年11月13日〜12月23日


今日はこれぐらいで。
それではまた。



スポンサーサイト


 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。