FC2ブログ
2019/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
プロフィール

如月東子

Author:如月東子
C’est l’enfance de l’art.へようこそ。
(セ・ランファンス・ドゥ・ラール)

昔から絵を見るのが好きで、美術系の大学に行き「美術史」などを少し勉強しました。

その後、美術とは関係ないお仕事についたけど、美術について、普通の人よりはちょっぴりだけ多く考えてきました(多分)。

そんな私が、これまで美術鑑賞をするなかで気づいたこと・感じたこと・考えてきたことの中には、美術をもっと楽しみたいと思ってる人に、なにかヒントになることがあるかもしれません。

美術鑑賞の記録を中心に、美術館などの紹介や鑑賞の役に立つ情報などを載せていければ、と思います。

皆さんのお役に立てれば幸いです☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
ココこんなとこ! 〜茶道資料館(京都市上京区)〜

こんにちは如月東子です。

今日は、茶道資料館とその展覧会の感想です。

茶道資料館看板


***


茶道資料館は、
京都市上京区にある小さな美術館で、
裏千家センター内にあります。

裏千家センター

ひとつ通りを隔てた所には、
裏千家、表千家、武者小路千家などの本部があるようで、
「茶の湯」に縁が深い界隈のようです。


こちらの美術館は、
茶道修養のための資料館として1979年に開館。
茶道関係の膨大な資料を収蔵する
「今日庵文庫」が同所に併設されています。

展示室は2部屋ほど。

館内の呈茶所でチケットを展示すると、
お抹茶一服とお菓子を頂けるサービスがあります。

最初、「展示量に比してチケット代が高めかも…」
と思いましたが、
お茶を出して頂けるとなるとむしろかなりお得です。


***


現在開催中の展覧会は、
新春展〈茶箱を楽しむ〉Ⅱ期展示中。

「茶箱」とは、
野点や旅行などに携帯できるよう
茶道具一式を小さな箱に収めたもの。

14点の茶箱のほか羽箒や薬罐の展示があり、
Ⅰ〜Ⅲ期と展示替えがあります。

展示物はほとんど個人蔵のようですが、
まことに見事なもの。

大きくても20㎝四方あるかないかの小さな箱や籠に、
お茶碗、茶筅と茶筅立て、茶巾筒(/箱)、
ナツメ、茶杓、振出(/菓子器)、建水、香合などが
きっちり収まるようになっています。
もちろん茶碗や棗はきちんと巾着袋に収めてから
収納します。

茶碗をはじめ、全てが小振り。

茶杓は通常のものより短かったり、
途中で継ぐことができるようになっていたりします。
茶碗は、もちろん陶器製のものもありますが、
漆や瓢箪など割れない素材も好まれたとか。

ウグイスという平らな面をつくるための板や、
器据(キズエ)という
外で茶筅が倒れないようにするための道具もありました。

小さいからといって、
細工に手抜きは一切ありません。

通常でみても見事な作りのお道具が、
小さくなると、
繊細さを増し、より愛らしく見えます。

大事に大事に使われてきたことがわかる
貴重なお道具ばかり。

お茶に興味のない方でも、
その見事さに感嘆することでしょう。


***


2階の展示スペースでは、
〈季節の取り合わせ〉として
この季節に合わせた茶道具や書画が展示されています。

同室には、
茶道資料館の裏に位置する
「今日庵」の中のお茶室「又隠」
再現されています。


***


今日庵文庫は2階の展示室のとなり。
開架部分には、
一般人向けのお茶の入門書などが並んでいます。
広い机が数台あり、
ゆっくり読書するにはよい場所だと思います。


***


最後に、呈茶所で一服。
お茶をたてるところは見られませんでしたが、
着物をきた女性が
お菓子とお茶を運んできてくれます。

フワッとたてられたお抹茶と
ピンク色のお花を模したおいしいお菓子
(お店の名前忘れました)
でホッと一息。

お茶を運んでくださる女性に聞くと、
お茶道具のことなど親切に教えてくださるので、
なにか疑問があったらうかがってみるといいかもしれません。


***


京都散策に疲れた方。
お茶に興味がない方でも
ちょっと立ち寄ってゆっくりしてみてください。
美しさと美味しさが楽しめますよ。


なお、茶道資料館のお隣は、
本阿弥光悦ゆかりの本法寺があります。

光悦作庭と伝わる「巴の庭」のほか、
光悦や長谷川等伯の作品が伝わります。
特別公開などの時期にあたっていれば
ぜひあわせてお立寄り下さい。

本法寺玄関


茶道資料館
午前9時30分~午後4時30分
(入館と呈茶は午後4時まで)
休館日:月曜日
http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/index.html


新春展〈茶箱を楽しむ〉
併設展〈季節の取り合わせ〉
平成27年1月7日〜4月5日
第Ⅱ期 2月3日〜
第Ⅲ期 3月3日〜
http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/tenjinext/tenji.html


本法寺
http://eishouzan.honpouji.nichiren-shu.jp/topics/2015_winter_journey.htm
京の冬の旅(非公開文化財特別公開)
期間:平成27年1月10日~3月18日
https://www.kyokanko.or.jp/huyu2014/



今日はこれぐらいで。
それではまた。



スポンサーサイト


 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。