FC2ブログ
2019/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
プロフィール

如月東子

Author:如月東子
C’est l’enfance de l’art.へようこそ。
(セ・ランファンス・ドゥ・ラール)

昔から絵を見るのが好きで、美術系の大学に行き「美術史」などを少し勉強しました。

その後、美術とは関係ないお仕事についたけど、美術について、普通の人よりはちょっぴりだけ多く考えてきました(多分)。

そんな私が、これまで美術鑑賞をするなかで気づいたこと・感じたこと・考えてきたことの中には、美術をもっと楽しみたいと思ってる人に、なにかヒントになることがあるかもしれません。

美術鑑賞の記録を中心に、美術館などの紹介や鑑賞の役に立つ情報などを載せていければ、と思います。

皆さんのお役に立てれば幸いです☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
死者ははたして許してくれているのだろうか?

映画「父と暮らせば」鑑賞
2004 99分
日本
監督 黒木和雄 



オススメ度★★★★★


井上ひさし原作の舞台作品の映画化。

原爆投下から3年、
原爆を経験した23歳の女性が恋をするが、
死んだ者に対する罪悪感から、
なかなか新たな生に踏み出せないでいる。

そこにふと現れた、原爆で死んだはずの父。
父との対話の中から、彼女が喪失感や絶望を乗り越えて、
死んだ者の思いを語り継ぎ、
次世代をつなぐ存在としての
自分の生を肯定するまでの4日間を描く。


舞台での2人芝居をもとにしているが、
映画的なアレンジが効果的に加わっている。


***



「あのときの広島では、
死ぬことが自然で、生きることが不自然」


宮沢りえ演じる美津江のセリフです。


自分よりも幸せになるべきだった優秀な友人が
酷い仕方で死んでしまった・・・。
一緒に逃げた父親を助けられず、
結果的に父親を見捨てて自分だけ生き残った・・・。

彼らを差しおいて、
自分だけ幸せになるわけにはいかない。

大勢の人間が一度に死ぬような
過酷な(原爆)体験を生き延びた人間が
どうしても感じてしまう罪悪感・・・。


だが、それでも、
いやおうなしに自分の生命は続き、生活は続く。

あるいは、厭世的になって、人間と社会をうらんで
暮らすこともできるでしょう。


でも、罪や申し訳なさを感じつつ、
「恋」という、いやがおうにも湧き上がる
生命力ある感情にまっすぐ向き合う時、
彼女の心の中にはなにが起こるのか。


***


もとが役者二人で構成された舞台作品ということで、
まずは、俳優の演技が作品の骨格を作ります。

力強く優しく少しお調子者の父親を
今は亡き原田芳雄
3年経っても原爆の傷を癒すこともせずにいる
素直で純粋な心をもつ、まだ少女のような女性を
宮沢りえが演じています。

双方適役であり、素晴らしい演技でした。
(一方で、別の組み合わせでも観たいです。)


映画化にあたっての改変もあります。
原作では、登場人物は父と娘のみだそうですが、
映画では、三津江が恋する木下という男性が登場。
その男性を演じるのは浅野忠信で、
「風立ちぬ」の堀越二郎メガネをかけた学者です。

さらに、舞台にはない演出として、
原爆投下時の広島の惨状や復興する町の様子が再現されます。
また丸木位里・俊夫妻の絵画によって、
その酷さが象徴的に映像化されています。


舞台をそのまま映画に閉じ込めたようでありながら、
映画でしか出来ない効果的な演出
(回想シーンの映像化や役者の表情の演技も含め)があって、
やっぱり全体としては、
映画として計算され尽くした作品なのだと思います。


もうひとつ印象的なのは音楽です。。
ピアノが、美しくも不協な和音を奏で、
遠くでしたたる水音を聴いているかのような、
不可思議な心象を与えます。

美津江の感情が高まるときも、
非常にセンセイショナルな原爆投下時の様子が語られるときも、
どこかで観る者の完全な感情移入を妨げ、
映像を客観的なものに、
感傷的でないものにしている気がしました。


***


この作品は、
美津江(生者)と父(死者)との対話を通して、
過酷な体験のサバイバーが、
人間的な再生をとげる物語。

生者は、死者の許しを受け、
彼らから「譲られた」生を感謝して受けずには、
新たな生へと踏み出すことはできないのです。



ところどころで胸を打たれ、胸を塞がれ、
最後には心が洗われるような作品でした。
原爆を題材とした映画の傑作の一つだと思います。



スポンサーサイト


 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。